社会保険労務士通信講座の選択の7つのポイント7
フォローシステムなど

ラーメンのチャーシューにあたるのが、フォローシステムです。
具体的には、質問受付・確認テスト・eラーニング・携帯eラーニングなどです。

いくら麺とスープがおいしくても、麺とスープだけだと何か物足りません。 チャーシュー・シナチク・ゆで卵などがあってはじめて、ラーメンの完成度がアップします。

同様に、通信講座の場合、テキストと講義メデイアだけでは続けられません。 わからないときに答える、一定期間たったらテストする、自宅以外でも勉強できる環境を整えるというシステムがあって、はじめて通信講座を続けることができ、合格できるのです。

これらのフォローシステムにおいては、やはり通信専門校に分があります。 そこで、フォーサイトとユーキャンについて述べてみたいと思います。

フォーサイト


質問受付制度、確認テストに加えて、パソコンで学習できる「道場破り」というシステムを無料で提供しています。 これは実際に、やってみるとわかりますが、ゲーム感覚で勉強できるツールです。 また、携帯電話でも学習できるツールを無料で提供しています。 さらに、バリューセットを申し込むと「合格グッズ」がついてきます。 武田双雲による迫力ある「合格ポスター」や学習記録をつける「合格手帳」、本試験直前に役立つ「合格カレンダー」など、まさに至れり尽くせりです。 フォーサイトが通信講座業界のリーディングカンパニーといわれるゆえんがここにあります。

ユーキャン


フォーサイト同様、質問受付、添削指導は万全です。 フォーサイトにはないもとして、受講生が交流する広場たる「学びオンライン」があります。 これによって、受験生仲間とも交流できますので、やる気が維持できます。

フォローシステムという観点からは、フォーサイトかユーキャンがオススメだと思います。

私が合格できた、通信講座のフォーサイトはこちらです!